ドライバーの種類

車には大きさによって、多くの種類があります。軽自動車に普通自動車、中型に大型自動車などです。ドライバーの仕事にも種類があり、大きく3つに分類されます。ここではドライバーの種類について紹介していきます。

ドライバーに必要な運転免許や資格

ドライバーの仕事には種類があるように、就くために必要な運転免許も異なります。また、種類によっては、運転免許だけでは就けないドライバーの仕事もあるのです。ここからは、各ドライバーに必要な運転免許や資格について解説してきます。

タクシードライバーに必要な運転免許

タクシードライバーとして乗客を乗せて仕事をするには、普通第二種免許が必要となり、特に中高年者はタクシー会社の中途採用試験の際に取得が義務付けられているケースが多くみられます。普通第二種免許を取得す…

バスドライバーに必要な運転免許

我々がバスとして通常思い浮かべるのは、地域内の決められたルートをお客を乗せて走る「路線バス」や、大勢の旅行客を乗せて観光地を移動する「観光バス」ですが、これらを運転するためには「大型自動車第二種免…

トラックドライバーに必要な運転免許や資格

小型トラックのドライバーは普通免許さえあれば働ける職場が多い

トラックドライバーに必要な運転免許や資格は、仕事の中で運転をする車のタイプによって大きな違いが見られます。一般的に、日々同じエリア内の法人や個人宅を回る小型トラックのドライバーは、普通免許さえあれば採用してもらえる会社が多くあります。一方で、大型や中型の免許は必要ないものの、顧客と接する場面が多いことから、採用時に身だしなみや言葉遣い、コミュニケーション力など様々な点が厳しくチェックされる傾向が見られます。最近では、若手の小型トラックのドライバーを獲得するため、各地の運送会社や宅配業者をはじめとして、採用後に免許取得に向けた資金援助をしたり、先輩ドライバーによる教育に力を入れたりするところが増えています。

全国各地を移動するドライバーは大型免許が求められることが多い

運送会社や物流会社に所属して全国各地の顧客の元へ移動するドライバーは、運転をするトラックのサイズも大きくなるため、採用時に大型免許が求められるケースが珍しくありません。特に、長距離ドライバーの資質の向上を目指している会社を中心に、新しく採用するドライバーの過去の運転違反や事故の履歴などを確認したり、採用後に個別研修を取り入れたりするところも増えています。そこで、近い将来に長距離ドライバーとして活躍したい人は、大型免許を早い時期に取得するだけでなく、満足のいく教育を受けられる会社を職場に選ぶことが重要となります。また、ドライバーが不足している会社の中には、中型免許があれば採用してもらえるところもあるため、諦めずに就職活動をすることが大事です。